KJBクラブのホームページへようこそ!
スポーツ少年団Sports Boy Scouts
スポーツ少年団は、1962年に財団法人日本体育協会が創設した日本最大の歴史ある青少年のスポーツクラブです。
「一人でも多くの青少年にスポーツの喜びを」「スポーツを通じて青少年のからだとこころを育てる組織を地域社会の中に」と願い創設した。
スポーツ少年団の組織概要Organization Overview


設立経緯Establishment
2002年(平成14年)の学校完全週5日制の教育改革に伴って、群馬県体育協会と群馬県スポーツ少年団は「クラブ活動と地域スポーツの融合」という指導目的を明らかにした。そこで、学校行事や学校の部活動を最優先という基本姿勢のもと、野球を通じ、中学生の基礎体力の強化と基本技術の習得、及び、共に切磋琢磨し合う仲間とのよりよい人格形成を目標とした「桐生ジュニアベースボールクラブスポーツ少年団」(略式名KJBクラブ)を設立した。
目標・方針Notion
基本姿勢 学校行事や学校の部活動が最優先であり、KJBクラブの活動はその支援的活動である
基本目標 ・基礎体力の強化、基本技術の習得、基本理論の理解
・仲間との交流を通した、よりよい健やかな人格形成
・中学生軟式野球の活性
指導方針 ・基本技術の習得と基本理論の理解を励行する
・野球と勉強の両立を励行する
・挨拶や返事、整理整頓等の基本行動を励行する
・グランド内の全力疾走を励行する
育成方針 ・「叱る・怒る」ことよりも「褒める・認める」ことを優先させて育てる
・「できないことが当たり前である」ことを前提にして育てる
支援方針 保護者の誰もが、気軽に、積極的に子供達と一緒に練習に参加でき、保護者の練習協力ができる支援体制を確立する